交通事故が多い地域では被害者の示談依頼も考えておく

交通事故が多い地域にお住まいの方は、いつ事故の被害者となってしまうか分かりません。交通事故の被害者となってしまうと保険会社との示談などもあり、怪我の治療に専念できない悩みも抱えてしまうこととなります。

 

示談もスムーズに進めばよいのですが、交通事故に限らず示談はどうしても難航をしてしまうもので、思ったような条件での示談成立が難しいことも多いです。怪我の治療費にしても慰謝料にしても、保険会社が提示する条件が非常に悪いものとなり、満足の行く示談にならないのです。

 

これには保険会社の懐事情があります。基本的に保険会社は交通事故の被害者に対して慰謝料などの賠償金を多く支払いたくないと考えているため、示談も保険会社が有利になるような条件で提示をしてきます。そこには交通事故の被害者側への情はなく、あくまで自社のことだけを考えた保険会社にとっての有利だけを追い求めた示談内容となっています。

 

似た事故内容の過去の事例の中から保険会社が一方的に有利になるようなものを照らし合わせ、そのときの示談内容を参考にして交通事故の被害者に大雑把な内容を提示します。怪我の程度なども参考にしますが、後遺症が残るような怪我であっても保険会社が後遺障害を認めない場合があるため、治療費にしても慰謝料にしても少なくなってしまう場合があるのです。

 

交通事故の件数が年間でワーストとなる愛知県などでは、自身がいつ交通事故の被害に遭うかは分かりません。もし遭ってしまったときにはそのまま自分で示談を進めると慰謝料や治療費で損をする可能性が高いので、まずは愛知県での交通事故示談相談を弁護士の下で進め、今後の示談をどうするかを相談した方が良いのです。