借金整理を依頼するにもお金がかかる点には注意が必要

消費者金融などのキャッシングを借りすぎてしまい、返済ができなくなった場合に用いる借金の整理である「任意整理」は、基本的に自分自身で進めるものではなく弁護士などの専門家に依頼をするものとなります。債権者との任意での借金整理となるので裁判所は必要なく、話し合いによる解決となるために個人でも進められそうですが、実際には異なります。

 

話し合いは簡単に言えば「今のままでは払えないから借金を減らして返済を見直してほしい」とするもので、債権者側としては借金の減額がされること、利息がなくなることで何らメリットがないようなものとなってしまいます。応じずに今まで通りに催促をし、収入がある方に対しては強制執行による差し押さえとした方が利息分や遅延損害金を含めて回収ができます。

 

そのため、債権者によっては個人が任意整理を持ち出したところで応じてくれず、裁判所を必要としないために強制力が無く、結局は任意整理が不成立となってしまう場合もあります。不成立となれば今まで通りに支払っていくしかないので、任意整理をしっかりと進めたい、確実に成立させたいと考えるなら弁護士の力は欠かせません。

 

弁護士に任意整理を依頼するとなると費用がかかりますが、ほぼ確実に任意整理が行える点や手続きを全て任せられる点を含めると決して高くはありません。それでも依頼前にはしっかりと任意整理の費用や支払いに関しては相談時に聞いておくべきなので、良い点ばかりではなくかかる費用やデメリットもよく聞いておきましょう。